女子大生ごりらの俳句・短歌

大学の授業で俳句・短歌の日常が非日常へと変わる特別な感覚を味わった。授業は終わってしまったけれど、生涯の趣味としてこれからも付き合っていきたい。

今日の俳句 5/8 (土)

f:id:boku-gorira:20210508203542j:image

「ベランダに1枚残る夕薄暑」

 

昼間のじんわりと感じる暑さから

テレビから洗濯日和であることを知らされる。

 

けれど重い身体を動かすには時間がかかってしまい

昼過ぎに洗濯物を干した。

 

さすがの暑さから洗濯物も

取り込める夕方だか

厚いバスタオル1枚がまだ生乾きで

夕方の日差しに1枚揺れた。

今日の短歌 5/7(金)

f:id:boku-gorira:20210508202301j:image

「寝る時間スマホ片手の顔に落ち通知ならずに寂しさつのる」

 

夜、テレビをつけるにはうるさくて

けれど本を読む気力もない。

 

そこでスマホをいじるが

目を引くコンテンツもない。

 

友達に連絡するには気が引ける時間。

しかも通知も来なく、ただただ寂しさが募っていく。

今日の俳句 5/6(木)

f:id:boku-gorira:20210508201517j:image

「冷麦にピリリと辛い刺激さす」

夏に近づいていく日、今年初の冷麦を食した。

 

最近マイブームになっている

食べるラー油を麺つゆに入れる。

 

ピリリと辛い刺激が、

就活の厳しさに重なる気がした。

 

今日の短歌 5/5(水)

f:id:boku-gorira:20210505224748j:image

「友人に受け止められて泣き腫らし次のステップまでの休憩」

 

「命の母ホワイト」にも

立ち直せない精神があります。

 

 

 

 

今日の俳句 5/4(火)

f:id:boku-gorira:20210505223125j:image

芍薬に活力貰う女性らしさ」

 

ジャージにすっぴん、3食素うどんの毎日に

女を捨てていたと思う。

 

ふと通り過ぎた花屋に

大きな存在感を放つ芍薬

 

【立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花】

 

自分はまだまだ雑草だけど、

綺麗なものを綺麗といえる心はもっている。

 

大丈夫。まだやれる。

 

 

今日の短歌 5/3(月)

f:id:boku-gorira:20210504121401j:image

「洗濯と過ぎ去る日々に外に出ず重い腰上げ室内歩く」

 

起きるとその日の午前中は

とうに過ぎ去り、夕方だった。

 

やらなきゃいけないことばかりであるはずなのに

全然気力が湧かなくなってしまった。

 

けれどまず室内からと

ハードルを下げまずは洗濯と室内を歩いた。

 

 

今日の俳句 5/2(日)

f:id:boku-gorira:20210503203647j:image

「気付かずに八十八夜お茶入れる」

 

腹痛にみまわれた一日。

 

普段コーヒや紅茶ばかりだったが

久しぶりに飲んだ煎茶は心が落ち着き

とても美味しく感じた。