女子大生ごりらの俳句・短歌

大学の授業で俳句・短歌の日常が非日常へと変わる特別な感覚を味わった。授業は終わってしまったけれど、生涯の趣味としてこれからも付き合っていきたい。

今日の短歌 4/19(月)

f:id:boku-gorira:20210419234213j:image

「本読んで珈琲飲み込みゼミ資料明日の朝の面接対策」

 

明日のゼミ資料を制作するだけで一日が終わる。

 

けれど明日の朝は、就活の役員面接が控えている。

更に珈琲を飲み込んで対策を練らなければ。